コロナ禍の夏を過ごした

この夏、何をしていたっけな〜?と、思い出していました。


小学校の夏休みも短くて、2週間くらいしかありませんでした。
それでも2週間、子供の宿題をみたりとか、ビニールプールを管理したりだとか、お昼ご飯を作らないといけないだとか…で忙しかったです。

実家の母と子どもたちと一緒に、飛鳥資料館に行きました。
小学校の頃に遠足の目的地になっていたので、懐かしい気持ち。
庭と建物がきれいになっていて驚きました。
子どもたちは亀石を気に入って、記念写真を撮り、すっかりこの古代の石像を覚えたようです。

ギャラリー『らぽると奈良』さんで、オカリナ作りのワークショップ。
うちの姉妹たちだけの枠が取れたので、めちゃラッキーでした!!
粘土を型に押し付けて、吹き口を作って…となかなか難しい。
子どもの手作りなので市販品みたいな美しい音色は出ませんが、可愛いものが出来上がりました♪
来年はもっと音が出るようにがんばる〜!と意気込んでいます。


オーナーさんは普段は世田谷にお住まいですが、ときおり奈良の田舎に構えたギャラリー(明治時代からある古民家)で制作をなさっています。
お泊まりもできるので、お気になられた方はこちらをどうぞ♪

HPはこちらです〜>>http://la-porte.verse.jp/

それから、夏の終わりに京都へ行ってきました。
先代住職の命日に、毎年おまいりにいっているのですが…今年は本当にすいてた!
外国からの観光客が少なくて経済的には大変なのかもしれませんが、「まるで20年前の京都みたいでええな」と、学生時代を京都で過ごした夫は目を細めていました。
今年の夏はコロナでどこへも行けない…と思っていた子どもたちは、久しぶりの遠出におおはしゃぎ。

昼食は私のリクエストで点心ランチです。

食べるのに夢中でこれしか写真を撮らなかったという…ちっちゃな可愛くって凝ったお料理が次々と運ばれてくる様は、心がときめきっぱなしでした♪
奈良にはこれだけの品数が出せる中華料理屋さんは(たぶん)ありません…あればいきますから、教えてだれか!
しばらく点心ロスになりそうです。

コロナ禍でなんもしない夏だった〜…と思っていましたが、意外といろんなことをして楽しんでいました。

日記

Posted by hayashiromi